2017年04月22日

浮遊感

mokku.jpg

金曜日はプールの休館日。
でも家で泳いでる。

リビングに吊ったハンモックと
ハンドルのついたゴムチューブ。

浮遊感により半重力空間に体が保たれ
陸上で意識できない筋肉が使われる。

軽く揺らしながらチューブを引っ張り
タイミング良く足を背中側に押すだけ。

平泳ぎの体幹とアップキックさらに
手足のタイミングも練習できる。

「プールが愛人やね」って言われた。

頭の中は水泳で満たされてる。
水は決して裏切らない。




posted by アキラ at 01:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

モーニングワーク

morningwork.jpg

別れの辛さの解消法。
モーニングワーク。

別名、喪の仕事。
喪失から回復するための方法。

泣き、叫び、悲しみ、苦しみ、
仕事や趣味や運動に没頭する事。

自分の感情エネルギーは水道のホース。
適度な抑圧は水を強く発射させられる。

抑圧をかけすぎると、いつか破裂する。
忘れる事も前へ進むエネルギーの消失。

決して忘れられない大切なもの。
それでいいのかもしれない。。

posted by アキラ at 17:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

コクーン

kokun2.jpg

ネットカフェのような高速バス。
独立シートで結構寝れる。

テレビモニターもあるし電源もとれる。
スマホもパッドも気にせず使える。

kokun1.jpg

2~3時間ごとにサービスエリアで休憩。
トイレも行けるしコーヒーも飲めて安心。

東京方面まで1万円でお釣りがくる。
たまにはバスもいい。



posted by アキラ at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

リスペクト

tiru.jpg

心から尊敬する人がいる。

毎日泳ぎにくる女性。
2000mを日課にしてもう20年。

周りの邪魔にならないように
気を使いながら淡々と泳いでる。

小さな体から迸るエネルギー。
苛立ちや怒りも見せたこともない。

数年前まで親の介護をしながら
独身を貫いてきた。

平城宮跡近くにある大きな一本桜。
毎年お弁当をもって楽しむ一人花見。

幸せは人それぞれ。




posted by アキラ at 14:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

使命

nikorasu.jpg

17年間の救急隊時代。
出会った心肺停止患者は300名。

重症者はその数倍。
戦慄な辛い現場。

救えた命に迸る高揚感と裏腹に
救えなかった命への罪悪感。

強いメンタルとクールさが必要だが・・
本当に強い人間なんていないと思う。。

元同僚の救命士が数名、搬送中に
隊員自身が心疾患に陥り受けた救命処置。

24時間続く重圧。
心臓に与える影響は計り知れない。

助けにいって助けられた救急隊。
ストレスの行き場は無い。

辞めて10年以上になるのに
昨日のように鮮明に思い出される。

救いがあるとするなら
誇りだけかもしれない。







posted by アキラ at 23:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣けない人

akira.jpeg

夕日を見ただけで涙が止まらなかった‥
タッチの差で負けた試合も泣けたのに。。

ここ最近全く泣けなくなっていた。

幸せな事も悲しい事も
感動の話にも心が動かない。

なぜかいつも空虚。
心はひたすらクール。

強くなったわけじゃ無い。
人格が入れ替わった感覚。
なぜなんだろう。

自分が消えてしまいたい事もあった。
悲しいと思ったら、生きていけない心の解離。

これで良かったんだと元気に振る舞い
泣かないように頑張っていたら
本当に泣けなくなっていた。

本当のやりたい事が分からない。
本当の感情が出せない。

水泳のレースの直前
自分の名前を叫ぶ声がした。

真剣に自分と向き合った一瞬。
応援する人の声が心に響いた。

嬉し涙はまだ残ってた。


posted by アキラ at 01:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戯れ

unmei.jpg

去年の秋ホテル清掃のバイトをした。
夜8時から12時まで週5のシフト。

ダブルワークにはキツ過ぎる。
一室10分のお風呂掃除がエンドレス。

唯一のエネルギー源は‥
スタッフ同士の助け合いだった。

よく似た年齢。
よく似た境遇。

言葉に出来ない喪失感の共有。
お金を稼げてる安心感。

始めて1ヶ月後、過労で事故。
山道の崖の高さは10m、転落は免れた。

身体を削って得たもの。
お金じゃない。
まだ生きてるってこと。

古舘伊知郎さんがテレビで言ってた命の三部作。
「宿命に耐え、運命と戯れ、使命に生きる」

運命と戯れ過ぎてる。
使命はいまだ見えない。
posted by アキラ at 01:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やまと奈良マスターズ



短いレースにも自分にとっては長い道のり。
日ごろ生きていて1秒を意識していない。

飛び出しから最初のかきと蹴り。
ターンして浮き上がり、そしてラストスパート。

去年の大晦日、夕方まで仕事して都ホテルの
プールで2時間泳ぎ続けてた。

世間では紅白歌合戦で盛り上がる中
だれもいなくなったプールで一人。

0.1秒と戦ってる。
posted by アキラ at 01:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜咲くな

sakuna.jpg

桜が散って誰も見なくなる。
綺麗だという感情を超える。

見捨てられることの寂しさ。

さよならを切り出される前に
先に別れを切り出してしまう。

見放される事の不安の裏返し。
痛みを軽くする為の自己保身。

パニック障害の不安だと思ってた。
でも違ってた。
境界性人格障害の気質だった。

辛かった事を話して同情を誘う
感情の起伏が激しい
嫉妬深さと切り捨て

これらの症状はボーダーの特徴。
見捨てられる事の極度の恐怖症。

いったい今までどれくらい人を傷つけてきたんだろう。

思ったままに生きてきただけなのに。
傷つけた傷ついた心はもう戻らない。

今までの行動を解明したとしても
多分何の解決にならない気がする。

人生を通せんぼする何かを憂うより
どうしたら越えられるかを考えないと。

壊さなければ生きていけないほど
大切だったものなんだから。
posted by アキラ at 00:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとう

管理組合.jpg

マンションの管理組合で疲れ果てた奥さん。
病気になって気づいたこと。

仲良くやっていこうと思っても
戦いあう私利私欲のぶつかり。

「嫌われてありがとう」
離れることが幸せなこともある。
posted by アキラ at 00:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする