2017年06月12日

欠点

ketten.jpg

長所は欠点。
短所が魅力。
posted by アキラ at 23:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現状維持

riup.jpg

和食にハマってる。
切り干し大根にきんぴらごぼう。

まず食を正し育毛も頑張らないと。
塗るリアップと飲むプロペシア。

ある人からもらったプレゼント。
値段が高いのにびっくり。

現状維持が出来れば十分☆
posted by アキラ at 23:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラホ

garake.jpg

ボタンが押したくてガラホに機種変。
充電は3日に1度。

通話とメールだけしか使わない。
なんか新鮮。

万歩計機能を見てみると・・
1日仕事で約7000歩。

ブラッシングや拭き作業が多い仕事。
腕につけたらどのくらいなんだろう・・

やっぱり仕事は筋トレ。
疲れると落ち着く☆


posted by アキラ at 22:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

肩甲骨と呼吸

ni-rusen.jpg

日赤の救急法で習った人工呼吸。
今は使われないニールセン法。

うつ伏せにして肘を横にさせる
5秒に1回その肘を高く上げて下す。

それだけで胸郭が広がり
勝手に吸気される。

頭の後ろで手を組んでる。
小さな頃からずっとしてる癖。

肘を横に広げると肩甲骨が内側に寄る。
胸郭が大きくなって自然に息が吸える。

肘を近づけていくと自然に息が吐ける。
無意識にしてた楽な呼吸、健康のコツ。



posted by アキラ at 19:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

ララランド



ただただ切ない
ストーリーも展開も好きではない
なのに今まで見た映画の中で一番響いてる

なんでだろう
愛も明日も信じていない
なのに今まで生きてきた中で一番夢をみてる

夢は叶えるためにあるんだろうけど
叶わない方が幸せな事もある
posted by アキラ at 00:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

衝突

syoutotu.jpg

5コースある。
いつものプール

1.歩くコース
2.初心者コース
3.25mずつ泳ぐコース
4.50m以上泳ぐコース
5.25mを速いスピードで泳ぐコース

平泳ぎは基本前を向いてゆっくり泳ぐので
周りはしっかり見渡せる。
すれ違う時も接触しないように気を遣える泳ぎ。

5コースで全力でダッシュをしていた。
競泳の平泳ぎはかなり前傾姿勢、下を向いてる。

ラスト3mの時に強い衝撃を受けた。
当たったのは自分の肩と女性の横腹。

一瞬、何が起きたか分からなかった。
全くのノーマーク。

初心者コースの方からロープをくぐって
横から階段で上がろうとした女性。

お互いにケガもなく、お互いに謝りながら
無事ことなきを得たんだけど・・

平泳ぎのキックは凶器。
腕を前に伸ばす力もかなり強い。

もしそれが当たってたら
しばし反省。。


posted by アキラ at 14:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮くもの



川で流された子供を救助した男性。
75歳の医師だった。

「首だけ抱えて平泳ぎで
 頭だけ呼吸できるようにして」

一緒に溺れてしまうケースが多い中
幸運だったと思う。

救い方も川の怖さも知った上での行動。
とにかく川の流れが早くて時間がなかった。

家族の制止する声を聞きながらも冷静に
ちゃんと携帯を置き、靴を脱いで飛び込んだ。

着衣水泳の指導や水難救助訓練をしてきて
わかった事がいっぱいある。

靴をはいたままだとバタ足がほとんどきかない。
ジーパンをはいたままだと足が締め付けられる。

クロールは腕が重い
水しぶきで見失いやすい

抱きつかれると潜らないと離脱できない
せっかく引っ張っても引き上げる所がない・・

50mを泳げる人でも、溺者をつかんだ時には
もう帰る体力は残ってないかも。。

ペットボトルやクーラーボックスは浮き輪のかわり。
コンビニ袋も口を縛ると即席の浮袋。
飛び込むなら、必ず何か浮き道具をもって下さい。

最終手段として道具を持たずに助けに行く場合
溺者搬送(救助技術指導会)
https://youtu.be/O0v2S-RgcaM

訓練を受けた人でも川や海だと非常に難しい
・溺者を見失わないよう顔を上げて飛び込み
・早く近づくために顔を上げてのクロール
・近づいたら抱きつかれないようまず半身をとる
・気道確保のためにあごを固定
・溺者を蹴らないように足は逆あおり

posted by アキラ at 13:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

浮遊感

mokku.jpg

金曜日はプールの休館日。
でも家で泳いでる。

リビングに吊ったハンモックと
ハンドルのついたゴムチューブ。

浮遊感により半重力空間に体が保たれ
陸上で意識できない筋肉が使われる。

軽く揺らしながらチューブを引っ張り
タイミング良く足を背中側に押すだけ。

平泳ぎの体幹とアップキックさらに
手足のタイミングも練習できる。

「プールが愛人やね」って言われた。

頭の中は水泳で満たされてる。
水は決して裏切らない。




posted by アキラ at 01:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

モーニングワーク

morningwork.jpg

別れの辛さの解消法。
モーニングワーク。

別名、喪の仕事。
喪失から回復するための方法。

泣き、叫び、悲しみ、苦しみ、
仕事や趣味や運動に没頭する事。

自分の感情エネルギーは水道のホース。
適度な抑圧は水を強く発射させられる。

抑圧をかけすぎると、いつか破裂する。
忘れる事も前へ進むエネルギーの消失。

決して忘れられない大切なもの。
それでいいのかもしれない。。

posted by アキラ at 17:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

コクーン

kokun2.jpg

ネットカフェのような高速バス。
独立シートで結構寝れる。

テレビモニターもあるし電源もとれる。
スマホもパッドも気にせず使える。

kokun1.jpg

2~3時間ごとにサービスエリアで休憩。
トイレも行けるしコーヒーも飲めて安心。

東京方面まで1万円でお釣りがくる。
たまにはバスもいい。



posted by アキラ at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする